道化の涙

作詞/作曲/編曲 : 福島 由也

涙溢れる姿は
感情を吐瀉するよう
名残雨が化けた姿なのかな

容赦無く続く日常と対比し
心止まったまま
懐古心が先を塞ぐの

必要とされることなく
執拗とされてしまう
醒めない興のせいで
冴えない今日

憂鬱に成ってゆく
憂鬱担ってく日々
血も湧かず肉も踊らぬままだと

 偽るなら笑って…笑って…
暴露ぬように隠し通して欲しい
真実より欺瞞と偽善で私といて

純情を装って
欺き近づいたことも
気づかぬ振りを
しているだけなのです

灰を溶かしたシロップを
飲み干した気分
音を立てて崩れる
現実を眺めてる

偽るなら笑って…笑って…
暴露ぬように隠し通して欲しい
真実より欺瞞と偽善で私といて

曖昧な関係性を自ら選んでいる
飽和してく空白に押し潰されてしまいそうになる
僕は君を守れやしない